目の使い過ぎに注意しよう

目の疲れ

慢性化する前に

デスクワークでパソコンを長時間使用している人や、スマートフォンが手放せなくて、何時間も画面を見続けている人は、間違いなく眼精疲労である可能性が高いので、注意が必要です。眼精疲労は、そのまま何も対処をしないでいますと、頭痛や吐き気、目の痛みなどを訴えるようになります。集中して目を酷使する事で頭痛を引き起こし、頭が痛くなると、今度はストレスが溜まって吐き気を引き起こすという悪循環を生みだしますので、気を付けなくてはいけません。眼精疲労による頭痛を改善するためには、基本的に部屋は明るくして、1時間に10分程度の休憩をいれて、必ず目を休ませてあげるようにして下さい。また、空いている時間を使って、目のマッサージや首、肩のストレッチを行いましょう。血流も改善されますので、頭痛が起こりにくくなります。そして、眼精疲労による吐き気を改善するには、とにかく目を休ませてあげることが大切です。蒸しタオルなどを使って、目の周辺を温めてあげると、吐き気を和らげることが出来ます。外の空気を吸うために、少し散歩に出かけるなどをしても良いでしょう。ストレスが溜まりやすい環境に身を置くと、吐き気と一緒にめまいや耳鳴りなども引き起こす可能性がありますので、十分に気を付けましょう。眼精疲労だと感じた場合には、パソコンやスマートフォンは極力使用しないようにする事が大切です。仕事でどうしても使用しなくてはいけない場合には、意識をして休憩を取るように心掛けましょう。また、サプリメントなども有効的です。ブルーベリーは目に良いと言われており、今はブルーベリーのサプリメントも販売されているので手軽に購入することができるでしょう。また、サプリメントであれば簡単に服用することができるので、眼精疲労予防として服用すると良いです。